医療事務の資格講座の専門学校や通信教育のホームページなどをネットサーフィンしていると、本当に医療事務って魅力的な仕事だと書かれています。

結婚したり、出産したり、育児で働いていない期間があっても仕事が見つけられる。
病院なので軽々に振り回されず求人が安定している。などなど。

医療事務の資格を取れば、すぐに病院などに就職できるのでしょうか?

もちろんタイミングや条件などもあるでしょうが、求人が安定して合って、資格を取れば有利に就活を進められるのは本当でしょうか?

現実的には、資格よりも経験が優先されるのが実際です。
もちろん経験無しの人ばかりが応募していれば、医療事務資格取得者が有利でしょうが実際には応募してみるまで分かりません。

病院やクリニックの求人に応募しても、他の応募者がどれくらいいるかとか、経験者がいるかどうか、資格取得者がいるかどうかはわかりません。

もちろん好条件の求人にはすべて応募すべきですが、少し条件の悪い所、例えば給料が低い、残業が多い、夜勤があるなど、そういうところも応募していきましょう。

経験を積んでより良い職場にステップアップするための訓練期間だと考えてみると良いでしょう。

医療事務の給料は高い?安い?

医療事務は一般的な事務職と比べて、お給料はどうなんでしょう?

実際、就職活動する前に資格を取ろうと考えて、経理の学ぶか医療事務を学ぶか迷いました。

調べてみた範囲では、同じもしくは若干医療事務の方が低いようです。

もちろん、大病院や大学病院等の正社員になれば別ですが。

ですが、医療事務のお給料が低くてもやはり医療事務の仕事は人気なようです。

私も医療事務コースを選びましたしね^^

やっぱり診療所やクリニックで困った人の助けになる仕事ができるやりがい。
経験が重視されるということは年齢を重ねても働きやすいということ。
男性の医療事務スタッフがいないわけではないですが、経理等と比べると圧倒的に少ないので、経理より競争率が低い。

そんな点に魅力を感じて医療事務を選びました。

実際医療事務に就いてみて、もちろん資格の勉強で学んだ専門知識も大事ですが、それ以上に色々な患者さんの対応はやはり経験を積み重ねないと難しいと感じています。

医療事務は決して簡単ではないですし、求められる知識も多いです。
しっかり学んで資格+経験値でこれからもずっと働いていけるのだなと実感しています。